選択時の注意点

指輪交換する手

よく、ドラマなどで男性が女性にサプライズで婚約指輪をプレゼントするシーンなどがあります。
しかし、以前に指輪を贈ったことがある方などを除き、実はこのサプライズプレゼントは難しいものです。
何故かといえば、ジュエリーの中で一番サイズを慎重に選ばなければならないのが指輪だからです。
ですから、現代ではよく、結婚を決めた男女が一緒に選ぶことが増えています。
婚約指輪として以前は立爪の指輪が一般的でしたが、現在は主流ではありません。
何故かといえば、立爪の指輪は服などに引っかかりやすく、使い勝手が悪いからです。
今では普段使いしやすい埋め込みダイヤの指輪を購入する人が増えています。
ファッションリングよりもダイヤが大きめか、もしくは見た目も普段使いしやすいファッションリングをて選ぶ人も増えています。
せっかく婚約記念の指輪です、一度も使わずにタンスにしまっておくよりも、つける機会を増やした方が断然いいという考えからです。
近年では、結婚指輪のデザインを活かすことが出来るようなデザインの婚約指輪も多くあります。

結婚指輪は、マリッジリングと呼ばれるリングで結婚をしていることの証明になるリングで、男女ペアで作ります。
左手の薬指にはめることが多く、材質はプラチナやゴールドが一般的です。
デザインはフラットなものや、ねじれがあるものなど、いろいろなデザインがあります。

日常的にずっと指に着けるリングですので、軽めで薄いものが多くオリジナルの結婚指輪をオーダーメイドで注文することもできます。
値段は20万円から25万円程度のものが一般的でゴールドの指輪はプラチナよりも安く、10万円台でも購入することができます。
婚約指輪はエンゲージリングと呼ばれているリングです。

男性から女性に贈られる指輪で、婚約をしたことの証明になり婚約指輪はダイヤモンドが多いですが、ルビーやエメラルドなどの誕生石の指輪が贈られることもあります。
エンゲージリングの価格は、安いものから高いものまで、様々なものがあります。
日本では昔から男性の給料の3ヶ月分の指輪が贈られる場合が多くお金に余裕がない場合は、数万円程度の指輪を贈る場合があります。
エンゲージリングもオーダーメイドをすることができます。
既製品よりも値段は高くなりますが、世界で一つだけの指輪を女性に贈ることができます。

オススメリンク

赤い花と指輪

指輪の取り扱い業者

結婚指輪や婚約指輪は、宝飾店や百貨店の宝石売り場などで購入することができます。
高級ブランドを販売している店舗でも購入することができます。
これらの店舗には、宝石鑑定士などの専門家が在籍しており、商品の品質管理を徹底し...Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031